先輩職員の仕事紹介吉村 綾 (千葉大学生協 ライフセンター 副店長)・2007年入職

ある日のスケジュール
主な担当内容:トラベルカウンター

8:00
勤務開始
8時の朝礼後8時半の開店に向け準備
8:30
資料を確認したり、情報を整理する。事務処理を行う
9:30
午前出勤のスタッフと情報共有
10:00
デスクで宣伝物作成・掲示
企画立案・計画・準備など
時期によって事務作業
11:00
休憩
12:00
学生さんの昼休み
トラベルカウンターで接客
13:00
午後出勤のスタッフへ情報共有
13:00
パンフレットの整理、申込内容のチェック作業
デスクで宣伝物作成・掲示
企画立案・計画・準備など
16:00
スタッフに状況確認・引継ぎを行い退勤

1日の仕事で心がけていることは何ですか

今するべきことは何か、今日中に終わらせなければならないことは何かなど、優先順位をつける
現場でパートスタッフが困っていることはないか、実際に接客をしたり作業をしてくれるのは多くのスタッフなので、作業が楽になる・わかりやすい・考え方がわかる…などコミュニケーションを取ながら仕組みを作っています。

今の仕事のやりがいは何ですか

今私が扱っている分類は、自動車教習所・旅行・留学が中心です。 自分が社会人を10年以上やっていると、大学生のときに挑戦してみたらよかったなと思うことが沢山あります。

例えば、海外に行ってみる→「テーマのある旅」なら語学に自信がなくても学べる。海外旅行も添乗員付き食事付なら不安が少ない。

社会を広く見て、働くことについて考える→就業体験。

国内旅行も社会人になると友人と休みを合わせるのが難しくなるので、もっと行ってみればよかったです。

運転免許は14年間ペーパードライバーでしたが、産後に運転するようになったので、学生時代に免許を取得しておいてよかったなと思っています。

大学生という、何にでも挑戦できる時期にいる学生さんへ思いを伝えることのできる仕事に就けていることがやりがいとなっています。 また、大学生協は、やりたいと思ったことは基本的に実現できますし、後押しをしてくれる上司もいます。アイディアをどんどん出して、挑戦し、変えていくことが出来ます。私は「こうしたらもっとお客様に伝わるのではないか」「こんな企画をしたら面白い」というようなことを考えることが好きなので、楽しいし、それがお客様に伝わって利用していただけると結果が見えるのでやりがいがあります。

実は、今年の「夏の合宿教習」の宣伝が遅れ、6月に店舗に来てくれた組合員さんには夏のご案内はできませんでした。そこで、「春の合宿教習」発売に向けて後期開始の10月にすぐご案内できるように「予約受付」に対応を切替え、他生協の経験も聞きながら、トラベル店舗だけでなく購買スタッフ含めてシステム入力できるような仕組みを作ったり、店舗前での宣伝など千葉大生協オールとして取組みました。その結果、全国で一番の予約数を達成することができました。

その逆に、自分で考えたり動かないと、進まないことが沢山あります。やるべきことが沢山あるので、優先順位を付けたり、分担したり、業務改善することも、大変ですが、やりたいようにやれるという意味では合っているのかもしれません。

イメージ

イメージ

今の仕事で気をつけている事は何ですか

子育て中なので、突然お休みをいただいたり早退させていただくことがあります。「自分にしか出来ない・わからない」ことを減らすように心がけています。また、残業をせずに定時内で業務を終わらせるように段取りを考えています。

就活生へのメッセージ

世の中には多種多様な職業があるので、1日8時間週5日自分がどんなことをして過ごすのかを考えることは大切なことだと思います。
迷ったら、自分が実際に働いている姿を想像してみて、その職業はどんな人と働くのか、何(誰)のために日々の業務を行うのか、実際の仕事の作業内容などをイメージするのはどうでしょうか?

私の場合は、仕事のイメージができず、就職活動が上手くいかない時期がありました。
そんな中、学生生活に関わる様々な事業を行っている大学生協に興味を持ち、試験を受けました。
面接を受ける中で、受験しているメンバー(同期になるかもしれない人たち)の感じが非常に良かったこと、面接官の人たちが話しやすい雰囲気で面接の質問に自然と言葉が出てくるという印象があったのが決め手になりました。

イメージ

ページの先頭へ