先輩職員の仕事紹介木下 綾香 (東洋大学生協 白山店)・2017年入職

※所属・内容等は取材時のものです。

イメージ

ある日のスケジュール
主な担当内容:最初は食品分類 夏から文具・新学期PC

10:30
出勤
休み時間ピーク対応(主にサービスカウンターでの接客)
11:00
メール・業務連絡の確認
チケット校費作成
11:30
Twitterの更新
セルフのスタッフへの声掛け
12:00
お昼休みピーク対応
主にサービスカウンターでの接客
13:00
食品分類などセルフの見回り
昼食休憩
14:00
サービスカウンターでの接客しつつ
空いた時間でメール対応
15:00
新学期PC関連のお取引先と顔合わせ
16:00
サービスカウンターでの接客しつつ
空いた時間で事務仕事
17:00
新学期PCのパンフレット作成
18:00
サービスカウンターでの接客
文具POP作成
18:30
退勤

1日の仕事で心がけていることは何ですか

パートさん・アルバイトさんとの相談や共有をすること

私の働いている白山店は、食品を売る購買部・文具・書籍・旅行やチケットを扱うプレイガイド・先生の校費対応…など、たくさんの種類の業務が詰まったお店です。それぞれに詳しいパートさんやアルバイトさんがいます。1日を通して生協の最前線で働くパートさんやアルバイトさんと、売れ筋商品を共有したり、売り方のアイディアを一緒に考えたりすることで、よりよいお店づくりにつながると思っています。食堂の経験から、パートさんたちと話すことは楽しくもあり、パートさんやアルバイトさんと、全員で協力してお店を作っているということを忘れずに、いろいろな人の意見を聞いて考えていくことを心がけています。

前向きに考えること

旅行の受付などで組合員の方の希望の日程が空いていない時も、なにか代わりになるものをご提案したりします。また、以前、食品で発注単位を間違えてとんでもない数の商品が来てしまった時もあったのですが、その時も「どうやってこの商品を売るか」を考えてPOPを書いたり、声掛けしたりするなどして売り切りました。日々、今あるもので前向きに考え色々な選択肢を考えるよう心がけています。

イメージ

今の仕事のやりがいは何ですか

おすすめ商品が売れた時

新学期PC担当前は、購買部の食品の担当をしていたのですが、担当のパートさんやアルバイトさんと協力して売り出したおにぎりやお菓子などが東京地区で1番売れた時はとてもやりがいを感じました。絵の上手なアルバイトさんにPOPを書いてもらったり、パートさんとミーティングを通じて情報共有をしつつピーク時に一緒に声掛けをしたり、一緒に働くパートさん達と協力して売れたことが何よりうれしく、その後の活力にもなりました。

今の仕事で気をつけている事は何ですか

「組合員の目線」で考えること

組合員の目線で考えられるよう、どんなに忙しい日でも朝と帰る前はお客さんになったつもりで一度お店をぐるっと周るようにしています。そうすると、定番のおにぎりが夕方に無いことや、床の汚れ、期限の切れたポスターなどに気付きます。実際にお店を巡回すると組合員の声も直に聴くことが出来ます。

日々利用する組合員の方が「生協があってよかった!」と思ってもらえるよう、組合員の方が求める品揃えがあり、利用しやすいお店になるようこれからも組合員目線でいろいろな気付きを発見してお店に活かしていきたいです。

イメージ

就活生へのメッセージ

就活中、悩んだ記憶があります。いろいろな人と話したり、直接見たりする中で自分のやりたいことや将来のことを考えるいい機会になったと思います。今はたくさん悩んで大変かと思いますが、悔いのないよう精一杯頑張って下さい…!
そして大学生協もちらっと覗いてみてもらえるとうれしいです。

イメージ

ページの先頭へ