先輩職員の仕事紹介岡 遼太郎 (東京工業大学生協 大岡山第二食堂)・2017年入職

※所属・内容等は取材時のものです。

ある日のスケジュール
主な担当内容:食堂業務全般 & 新入生サポートセンター(新サポ)業務

9:00
09:00 出勤
昼シフトのパート職員と前日までとの変更内容や今日の販売計画の確認
09:15 前日実績や客数動向の分析
09:30 販促物の作成やSNSの更新
10:00
食堂事務作業
(次月のメニューの編成やフェア商品の販売数計画など)
開店準備状況の確認
11:00
開店
12:00
昼ピーク対応
(列の誘導や客席ホールの巡回・席のゆずりあいの声かけ)
13:00
13:30 昼ピーク終了までの利用動向の確認
昼休憩
14:00
14:30 食堂手づくり弁当の販売計画作成・食材発注など
15:00
15:30 事務作業
(食堂事務:会議資料の作成、大学や取引先の対応など)
(新サポ事務:学生スタッフの研修の準備、受験生・新入生応援サイトの更新など)
16:00
16:45 夜シフトのパート職員と前日までとの変更内容や今日の販売計画の確認
17:00
退勤
(閉店:20:00)

1日の仕事で心がけていることは何ですか

日々の変化に気を配ることを心がけています。

大学という限られた環境のなかで学生や教職員といった特定の方々がお客様であるということが大学生協の大きな特徴です。

例えば、定期試験期や夏休み等の長期休暇期間では、大学に来ている学生の数が大きく変動します。
日常的には、昼前後の授業が休講になる、雨が降るとグラウンドで活動している運動部の練習が無くなる・・・といったような些細なことでも、その日のお客さんの数に大きな影響を与えます。
大学や学生、その周辺環境の動向に対して常にアンテナを張ることで、それらの変化が組合員のニーズやお店の経営にどのような影響を与えるのかを捉えることを日々心がけています。

また、自分たちが当たり前のように思っていることでもそれが組合員の方の不満につながれば、その方は卒業するまでもうお店に来ていただけなくなるかもしれません。
これまでよりもさらに改善できることはないか、日々自分たちが変化していくことができるようにも意識しています。

イメージ

今の仕事のやりがいは何ですか

組合員のみなさんと一緒にお店を作っている、ということを実感するときにやりがいを感じます。

組合員のみなさんには、お店を利用するというだけでなく、品揃えに対してご要望をいただいたり、ときには一緒に店内でイベントを企画したりなど、お店の運営をお手伝いいただいている一面もあります。

例えば、東京工業大学では年々留学生の組合員が増えており、中にはベジタリアンやムスリムのように一般的な日本人とは異なった食文化をお持ちの方もいらっしゃいます。先日はムスリムの学生団体の方と試食会を行って、いま提供しているハラル推奨メニューや、ハラル対応に関する情報の提供方法についてご意見をいただきました。それを受けてメニューを決めたり表示ポップを作り直したりし、好評をいただけています。

そのような例を含めて、組合員のみなさんのご協力をいただきながら多種多様な組合員のニーズを捉えたお店づくりをしていくことは、自分自身にとっても大きなやりがいにつながっています。

今の仕事で気をつけている事は何ですか

大学生協の食堂は、組合員のみなさんの健康的な食生活を支えているだけでなく、日々の学生生活に食の楽しみを提供しているお店です。

お店を「場」として捉えると、ただ食事を摂るためだけの場ではなく、休み時間にデザートをつまんだり、時にはパート職員さんとのおしゃべりを楽しんだりと、組合員のみなさんにとって大学での憩いの場にもなっていると感じます。

毎日ご利用いただいている組合員の方にも「また明日も来たい!」と思っていただけるよう、種類の充実したメニューの提供や気軽に来店しやすい環境づくりに気を配っています。

また、一飲食店として、お食事の調理や提供をするうえでの衛生管理や、パート職員のみなさんが安全に、そして安心して働くことができる環境づくりには特に気をつけています。

毎日の仕事のなかにはこのように表からは見えないこともいろいろありますが、それらひとつひとつの積み重ねが組合員のみなさんのご利用につながっていることを常に意識しています。

イメージ

就活生へのメッセージ 

大学生協は、非営利組織でありながら一方で経営的に自立している組織のため、モノ・サービスを提供して事業資金を得ることはすべての事業の根幹です。

かといって、ただ利益の拡大を追求していくだけではなく、どのようなモノ・サービスを提供することで組合員のみなさんの充実した大学生活に貢献できるか、なによりも、私たちの提供するモノ・サービスが学生のみなさんの成長の一助となることに全力で取り組んでいる組織です。

モノを販売する楽しさだけでなく、そのことが組合員の充実した大学生活や、社会への貢献につながっているという喜びが実感できます。もし大学生協に興味を持っていただけたら、ぜひ一度店舗を訪れて、職員に話しかけてみてください。

大学生協に限らず他の企業を含め、たくさんのものを見て・たくさんの方と話すことで、自分自身の将来について今よりももっとイメージを膨らませて考えることができると思います。

そしてそのなかでも大学生協の理念に共感し、大学生協で働きたいと思っていただければ大変嬉しく思います。
みなさんの就職活動が悔いの残らないものになりますよう、心より願っております。

イメージ

ページの先頭へ