スーツ着こなしの基本ポイント

就活のスタートで自己分析や企業探しと同じくらい大事にしたいのがスーツの着こなし。
社会人になってからも使えるスーツの基本を押さえておけば怖いものなし。

スーツ着こなしの基本ポイント

肩がフィットしているものを選びましょう。
両腕を広げた時に窮屈なスーツは動きにくく疲れる原因になります。
逆にオーバーサイズだとだらしない印象に。
袖丈
親指の付け根くらいで、手の甲に被らない程度の長さに。
ジャケットの袖からブラウスがはみ出ないように合わせます。
バッグ
A4書類を折り曲げずに入れられる大きさのものが便利。
色は黒が定番です。
ボタン
ボタンは全て留めましょう。
スカート丈
立っている時に膝にかかるくらいの丈がベストです。座った時に膝上5〜10cmになるのが基準。
パンプス
飾りのないプレーンな黒の革靴が基本です。
歩きやすく、綺麗に見える3〜5cmのヒールがベストです。定期的に靴磨きをして、綺麗な靴で就活に臨みましょう。
ブラウス
レギュラーカラーまたはスキッパーカラーの白いブラウスが定番。
アイロンがけをしてシワのない綺麗な襟元にしましょう。
シルエット
胸や腰回りに窮屈なシワや余分なあそびがないものがベストサイズ。
ウエストが程よくシェイプされていると綺麗です。
ポケット
ポケットのフラップは外に出しましょう。
ポケットに物を入れすぎると型崩れの原因になるのでNG。
着丈
最近はやや短めが流行ですが、ヒップの一番高い部分にかかるくらいが基準です。

コート

コート
スーツ用のコート1着は必需品。スーツの上に羽織った時、窮屈でないサイズを選びましょう。
トレンチコートは定番中の定番。ライナーが取り外せて3シーズン着回せるものもあります。

RECRUIT SUIT COUPON2018トップへ戻る

最強OFF 大学生協特別クーポンで各店割引+生協割引

pagetop