HOME

ニュース詳細

News&Topics

2017年07月19日(水) | ねこのあしあと

「猫可愛がり」


方南町のホームセンターには、かのマツコさん(「夜徘徊」で)をもメロメロにした
可愛い子たちがいる。
私はそこのホームセンターへ買い物に行くと、まずはその子達めがけて一目散に「ペットコーナー」へ
直進する。ガラス越しに赤ちゃん言葉で話しかけてしまう。
店員さんがすかさず「抱っこしますか~」と声をかけてくる。
心の中で「絶対に抱っこはしないぞ」って決めている。
抱っこしたら最後、家に連れて帰ってしまうので~~(苦笑)。

昨年ごろから猫のみーちゃんが家に遊びに来るようになった。
たぶん近所で飼われている猫だろうと思うが、どうやらプチ家出してくるみたいだ。
三毛猫なのに(?)すごくなつっこい。
(私は抱っこを嫌がらない雌猫にあったことがない。必ずネコパンチされる(笑))
ちょうど今流れている某CMで俳優がネコちゃんにズギューンハートいっぱい・ギュっと抱っこしている図、
そんな感じでみーちゃんにメロメロになってしまった。
家族全員でみーちゃんが来てくれるのを楽しみにしている。
「今日みーちゃん来た?」「みーちゃん来たかな?
見て来よう」…など、
おまけにみーちゃん、フリースやタオル生地に前足フミフミ、
チュパチュパするものだから、もう可愛くて〃抱っこしまくり、
まさに「猫可愛がり」です。

「猫可愛がり」…笑える国語辞典で、「見返りを期待しない、無償の愛」とありました。
みーちゃん、さんざ甘えて、飽きると飼い主さんの元へ帰ります。
その辺はやっぱり猫ちゃんだなぁ。わんちゃんとは、違いますね。
「犬可愛がり」って言わないですよね。(わんちゃんはめったに家出しませんから。)

ちなみに、猫が前足フミフミ、チュパチュパする行為は、
「赤ちゃん返り」といわれ、早くに母猫から引き離された場合に、
親離れが不完全で子猫の習性が残ってしまうのだそうです(涙)。
みーちゃん、いつでも甘えに来ていいからね~。

(メグ)

大学生協東京事業連合HOMEへ戻る
HOME

ニュース詳細