Book(書籍)職員の1日
(2015年の取材です)
千葉大学生協 ブックセンター
現在、早稲田大生協理工購買書籍部勤務
2013年入職(入社)取材時4年目 稲葉紗希さん

稲葉紗希さん

2013年入職(入社)取材時4年目 稲葉紗希さん
話題の「君の膵臓を食べたい」のコーナー

新学期は教科書販売がメイン。通常期は組合員目線で、本を丁寧に案内し、感謝いただくのを励みにしています。

タイムスケジュール
仕事の分担:一般書、文庫・新書、教科書担当

9:00
出勤
業務メール、売り上げデータチェック
店舗公式ツイッターコンテンツの配信
10:00
開店
新刊品出し、補充品補充
12:00

ピーク対応
レジの補助・商品問い合わせ対応
13:00

休憩
14:00
ピーク後の補充発注、棚整理
15:00
POP作成
フェア企画
研究室への配達等
17:00
退勤

1日の仕事で心がけていることは何ですか?

新学期は教科書販売が最大重点です。
通常期も教科書の問い合わせには対応します。
文芸書・文庫・新書担当なので、親しみやすい店づくりを心がけています。
学生に関心があるもの、話題の本を仕入れるようにしている。「君の膵臓がたべたい」(住野よる)双葉社は千葉大学生協が全国の大学生協が一番売って話題になりました。そうした本を売っていきたいです。
組合員(お客様)目線でいること。本を丁寧に案内し、ありがとうございますとお礼を言われるのを、励みにしています。

千葉大学生協公式ツイッター

千葉大学生協公式ツイッター
毎日アップするようにしている

今の仕事のやりがいは何ですか?

支持されるものを、目利きして仕入れて、売れた時。
教科書売り場で、適正仕入で、学生にあってよかったと買ってもらえる事。
今はネットサービスで古本含め、売り場にないと買われてしまう。

今の仕事で留意・苦労していることは何ですか?

大学が急激に変化していて、情報収集し対応していく事。
文部科学省選定の大学の国際競争力を高めるために重点的に財政支援する「スーパーグローバル大学」37校の1つになった。新学科もできる。6ターム制の実施を具体化しているなど。
(*1千葉大学は、柔軟な学事暦を設定し、ターム制(6ターム制)を全学的に導入することにより1ターム(8週間)で完結する科目設定を可能にし、教育の質的改善を図るとともに、ギャップタームを創出し、留学、インターンシップやボランティア等、学生の多様な社会体験の機会を確保し、自主的で主体的な学びを促すことを目指す。(大学ホームページより))

陳列直し作業はかかせません

陳列直し作業はかかせません

各育成プログラムに参加して

1-3年次プログラムーいろいろ勉強できたし、なにより先輩後輩で交流できるのが良い。
全国書籍職員育成—隔月でー店舗クリニック、勉強会をしている。7人の同世代と交流できるのがいい。またいろいろご紹介いただき、出版社の方たちと意見交換、協力できるのが勉強になる。

来店して楽しい店づくりを心がけています

来店して楽しい店づくりを心がけています

佐藤店長と稲葉さん

佐藤店長と稲葉さん

リクナビ2018からエントリーください

ページの先頭へ