書籍部門、職員の1日小島 幸恵(東京工業大学生協 大岡山購買書籍店 担当職員)

出勤から退勤までの仕事内容
主な担当内容:書籍業務

9:30
出勤
メールの確認、返信
10:00
入荷書籍仕分けフォロー
おすすめ商品や、告知などの東工大生協Twitter更新
10:30
お店の棚チェック、整理整頓
今日届いた新刊や、棚補充分の本を並べる
11:30
事務作業
12:20
昼休みピーク応対
主に問い合わせや注文書籍の応対
13:00
お昼休みが落ち着いたところで、昼食休憩
14:00
お店見回り、売れている本の発注、
出版社さんと商談
15:00
事務作業(POPなどの宣伝物作成、伝票処理、フェア計画)
16:00
教科書作業(先生への連絡など)
17:00
今日売れた本の確認・発注 新刊チェック・発注
17:30
退勤

1日の仕事で心がけていることは何ですか

 私の店舗では、お店の棚の管理は職員が行っております。仕事を行っているとつい机に向かいっぱなしになってしまいがちですが、どんなに忙しくても売り場を見回り、様子を確認するよう心掛けています。
 売れた本はデータやスリップなどで後ほど確認できますが、よく出ている本に対しすぐに対応したり、お客様がどのような本に興味を持っているのかは売り場に出ないとわかりません。また、売り場を見回っていると本を探していたり、利用の仕方がわからない組合員さんが多くいらっしゃいます。少しでも組合員さんが利用をしやすくなるよう、日々心掛けています。

今の仕事のやりがいは何ですか

 今の仕事の中でも、教科書作業は組合員さんの勉学のお役に立てていると思える一番の仕事です。東工大では4クオーター制を導入しており、教科書も4回販売しているため、仕事も教科書作業がメインとなってきます。先生や大学の方々と連絡し、出版社さんとも話し合い、しっかりとクオーターごとに販売を終えることが出来たときは、毎回達成感とともにやりがいを感じます。
 また、売り場でも日々売れ筋や組合員さんの反応をチェックし、組合員さんに利用して頂きたいと思った本を置いたり、フェアを企画し実際に手に取っていただけたときはとても嬉しく思います。

イメージ

今の仕事で気をつけている事は何ですか

 私の店舗は食べ物やパソコン、文具なども販売する複合店のため、大型店のように多くの本を置くことはできませんが、その分限られたスペースの中で、書籍の品揃えには日々気をつけています。
 今はネットでもすぐ本が手に入ってしまうため、「他で買えばいいや」と思われないよう、日々売れ筋や動いていない本を確認したり、大学行事や社会のトレンドをチェックをするなど、組合員さんが今何を求めているのかを考えながら仕事をしています。

 また、教科書の時期は、指定して頂いた教科書を間違えたり、入荷が遅れるなどのミスがないよう、先生や出版社と綿密に話し合い、組合員さんの勉学に支障をきたさないよう毎回気を付けています。

食堂職員育成プログラム(前期)を経験しての感想やエピソード

 大学生協では様々な事業がある中で、同期全員が同じ食堂での仕事、同じプログラムで進めたことはとても安心感がありました。初めて社会人として仕事を行う中で、悩むことや相談したいことも出てきましたが、同じ食堂で経験を積んでいく中で悩みを共有することができ、またプログラム中は毎月研修があるため、同期と頻繁に顔を合わせて悩みや疑問を相談することが出来たことはとても心強く感じました。

イメージ

就活生へのメッセージ

 就活は大変だと思いますが、いろいろな業種・人と関わることで、これから何をしたいのか、自分をみつめる良い機会になったと今は感じています。
しかし、落ち込んだり諦めたくなることもあると思います。
そんなときはひとりで抱え込まず、客観的に自分を見ることも大切です。大学のキャリアセンターや、友達、両親などいろんな人に相談しながら、自分の納得のいく就活を行ってください!

 そして生協に興味を持っていただけたら、ぜひ実際に生協の店舗を見に来てください!
百聞は一見にしかず、実際に働くイメージが膨らむと思います。
悔いのないよう精一杯頑張ってください!みなさまの就活を応援しております。

イメージ

イメージ

ページの先頭へ