購買部門、職員の1日(2016年の取材です)坂田 亜紗美(早稲田大学生協 ライフセンター 主任)

出勤から退勤までの仕事内容
主な担当内容:附属・係属中高校売店担当

9:30
出勤(9:30は早番出勤時間、1週間単位で、早番、遅番のシフトがある場合があります)
業務用メールの確認と返信
担当商品の品出し
10:00
開店
前日遅番スタッフからの引継ぎ事項の確認
早稲田オリジナルグッズ関連の棚確認
主な担当商品について取引先と商談
12:10
昼休みピーク応対
店舗公式ツイッターコンテンツの作成配信
問い合わせ商品への応対、カウンター接客業務フォロー
13:00
昼食休憩
14:00
品出し、補充発注
附属・係属校売店の様子確認、フォロー
主な担当商品について取引先と商談
企画商品、イベント等、各種宣伝物の作成
16:20
夕方のピーク応対
カウンター接客、客注応対フォロー
17:30
退勤

1日の仕事で心がけていることは何ですか

 心がけていることは、丁寧かつ提案の出来る接客です。例えば、新任の先生が名刺を作る時は、学部や所属毎の名刺デザインの傾向や特徴を把握して提案をしています。
 担当分類は多岐に渡ります。通常期はカウンターで接客応対する機会が多いため、簡単な商品の問い合わせから、絶対に間違ってはならない名刺や製本の受付までしています。様々な理由で来店されるお客様(組合員)に、「生協に来てよかった」と思っていただけるような丁寧かつ提案の出来る接客を心がけています。

今の仕事のやりがいは何ですか

 やりがいは、特別な思い出を記念に残すお手伝いができることです。具体的には、入学式や卒業式の記念写真、その時にしか手に入らない限定グッズ企画、またオープンキャンパスや文化祭など催事の時の、友人や家族のために持ち帰るお土産グッズ等を提案して販売していることです。
 通常時でも言えることですが、「生協だからこそ出来ること」にこだわりを持って提案できるのは何より嬉しいことであり、やりがいを感じています。

イメージ

今の仕事で気をつけている事は何ですか

 気をつけている事は、担当している附属・係属中高校の売店のパート職員さんたちと、電話やメールで常に情報共有をしていることです。日常的には大学側の店舗にいるため、毎日附属・係属中高校の各売店へ見回りに行ける訳ではありません。そのため一緒に働くパート職員さんがいてくれるからこそ、日々売店が無事に運営できていることに感謝し、何かあったときはすぐに相談や指示を出せるよう気をつけています。

イメージ

就活生へのメッセージ

 まずは自分がどのような仕事に興味関心を持っているのか自己分析をした上で、それが実現できる会社はどのような会社があるのか企業研究を進めるのが良いと思います。そして面接では自分がやりがいを感じている仕事内容と、その内容が応募する会社の業務内容と合致しているなどしっかりと自分の意見を伝えることが大切だと思います。
 勉学に励むのはもちろんですが、就職活動は人(面接官、グループディスカッションメンバー等)との会話です。マニュアル通りではなく、自分のことばで思いを伝えることが大切です。
 あとは、就職活動のペースは人それぞれなので、周囲を気にし過ぎることなく、焦らず冷静に、自分らしく頑張ってください。

イメージ

ページの先頭へ