よくある質問

よく出されるご質問Q&A

説明会等でよく出される質問をQ&Aにまとめました。ご参照ください。

生協全般について

Q.01 大学生協で力を入れている事業は何ですか。
Q.01 大学生協で力を入れている事業は何ですか。

A.01

フードサービス事業、日常生活事業、書籍事業、勉学研究事業、学びと成長支援事業、サービス事業、学生総合共済など幅広い事業を行っていますが、大学によって学部構成やカリキュラムなどが異なるため、それぞれの大学に合わせて重点となる事業を設定しています。

Q.02 『ひとことカード』とはどのようなものですか。
Q.02 『ひとことカード』とはどのようなものですか。

A.02

大学生協の品揃えの要望や食堂メニューへの意見、またたまには大学生協職員へ個人の悩み相談など、幅広い視点で組合員の皆さんからいただいております、いわゆる「意見書」みたいなもののことです。この意見書を用紙にご記入いただき、大学生協として意見をいただいた方へ「回答」をおこない、掲示板等に張り出しています。今では、WEBでも公開している大学生協も多く存在しています。

Q.03 大学生協の設立(出店)計画はありますか。
Q.03 生協の設立(出店)計画はありますか。

A.03

大学生協は、消費生活協同組合法に基づいて、その大学の学生・教職員が発起人になって設立されますので、一般の出店とは異なります。食堂や売店を充実させるため、学生・教職員が協力して大学生協を設立した事例が多くあります。全国では年に1〜2大学に、新しい大学生協が設立されています。

Q.04 商品の開発などはどのようにして行われますか。生協店舗の職員はどのように関わるのですか。
Q.04 商品の開発などはどのようにして行われますか。生協店舗の職員はどのように関わるのですか。

A.04

東京事業連合が店舗や組合員の意見・要望を集約して、商品企画・開発を行っています。
生協職員は、担当分野ごとの商品会議・担当者会議・店長会議で、店舗や組合員の要望を東京事業連合の商品担当に伝えます。また開発にあたっては、試食会の実施などで協力をしています。

Q.05 東京事業連合とはどういう組織ですか。
Q.05 東京事業連合とはどういう組織ですか。

A.05

関東甲信越の69大学生協が出資・加入し、協同して事業を行う生活協同組合です。
69大学生協と業務委託契約を結び、事業経営計画、経理、商品企画・調達、教育、宣伝、店舗設計、基幹業務システムなどについての立案と執行、各種支援業務を受託しています。

Q.06 Univ . CO-OPマークの由来を教えてください。
Q.06 Univ . CO-OPマークの由来を教えてください。

A.06

21世紀に生きる大学生協を、「キャンパスに根付く、実のなる樹」として具現化し、大学生協が、学生や教職員の方たちにより、大きく育てられ豊かなキャンパスライフの象徴となる願いが込められています。 ブルー・イエロー・オレンジ・グリーン4色の果実は、大学生協の4つの使命「協同(ブルー)」「協力(イエロー)」「自立(オレンジ)」「参加(グリーン)」を表現しています。

生協の仕事について

Q.07 店舗や食堂で、職員はいろいろなイベントを企画できるのでしょうか。自分で企画を立てることはできますか。
Q.07 店舗や食堂で、職員はいろいろなイベントを企画できるのでしょうか。自分で企画を立てることはできますか。

A.07

大学生協は、日頃から試食会や組合員懇談会、商品展示会等を行っていますが、店長の指示のもとで職員が運営することがあります。また企画そのものを職員から店長に提案し、実施する場合もあります。

Q.08 国立大学法人・公立と私立の大学で働き方の違いはありますか。
Q.08 国立大学法人・公立と私立の大学で働き方の違いはありますか。

A.08

大学ごとに、授業時間、土曜日授業の有無、大学休業期間などが異なるため、営業日や営業時間などが違います。そのため年間の総勤務時間と休日休暇日数は同じですが、シフトや休日休暇の取り方は、それぞれの大学生協で異なります。

異動等について

Q.09 異動はどのくらいの頻度でありますか。
Q.09 異動はどのくらいの頻度でありますか。

A.09

定期異動は行っていませんが、概ね3〜5年で店舗の異動や他生協への移籍がある場合が多いです。
なお各大学生協は独立した法人ですので、大学生協間の異動は「移籍」になります。

Q.10 一つの大学生協の中の部門間の異動はどのようになっていますか。
Q.10 一つの大学生協の中の部門間の異動はどのようになっていますか。

A.10

大学生協間の移籍と同様に概ね3〜5年で部門間の異動があり、幅広く大学生協の業務全般を経験します。書籍・購買・サービスの販売系と食堂部がありますが、食堂部から販売系、販売系から食堂部への異動もあります。

Q.11 異動に伴う引っ越し等の補助はありますか。
Q.11 異動に伴う引っ越し等の補助はありますか。

A.11

入職時、引っ越しの有無に関わらず、一律5万円を就職準備金として支給します。
現住所からの通勤時間が片道120分を超えるために引っ越す場合は、移転費用の援助があります。

Q.12 住宅手当はありますか。
Q.12 住宅手当はありますか。

A.12

住宅手当は支給していません。

研修制度について

Q.13 教育制度について教えてください。
Q.13 教育制度について教えてください。

A.13

新人のみなさんへの教育のスタートは「新入職員研修」です。その後約1.5年は、食堂職員育成プログラム(前期)に沿って働きます。内容は、生協職員としての基礎知識、食堂業務に必要な知識・スキルの習得、パート職員への指導の仕方などです。
プログラム終了後は、「階層別基本研修」「職種別専門研修」など「モノを売る力」「提案力」「店舗運営力」を高める各種研修を受講します。
研修参加者は、2017年度実績でのべ623名でした。パート職員の研修も位置づけています。大学生協は、正規職員・パート職員の主体的な学習意欲に応える研修・教育に力を注いでいます。

Q.14 入社1年目の研修や相互の交流はどうなっていますか。
Q.14 入社1年目の研修や相互の交流はどうなっていますか。

A.14

入職(入社)1年めは、年3回(6月、7月、9月)新人初期教育を実施します。テーマは 「仕事のすすめ方」「コミュニケーションのとり方」などです。また食堂職員研修が毎月あります。
内定者への説明会や新入職員研修などもあり、同期採用の職員は、入職前から相互に連絡をとって交流しています。

Q.15 資格取得の補助はありますか。
Q.15 資格取得の補助はありますか。

A.15

業務に必要な資格について、取得費用を補助しています。また資格取得を促進するため、資格によって3,000円から20,000円の奨励賞を支給しています。旅行業務取扱管理者資格は職員全員の取得を目指しています。また食堂職員育成プログラム(後期)経験者は、調理士免許の取得を目標とします。

Q.16 キャリアパスプランを教えてください。
Q.16 キャリアパスプランを教えてください。

A.16

キャリアパスの概略は、6年間で、食堂部門から始まり、購買・書籍部の4分野(書籍、勉学情報、セルフ、プレイガイド)や本部業務など、大学生協の業務全般から幅広く経験してもらう内容です。複数の部門経験を下地に、職員の多能化(マルチタスク)と専門化(エキスパート)を進めるのがキャリアパスの主眼です。

Q.17 店長になるには何年くらいかかりますか。
Q.17 店長になるには何年くらいかかりますか。

A.17

キャリアパスをもとに6年間幅広く業務を経験した後、10年めくらいまでに店長になることを目指してもらいます。

職員の構成、福利厚生について

Q.18 全職員のうち、女性の比率はどのくらいですか。職員の平均年齢は何歳ですか。
Q.18 全職員のうち、女性の比率はどのくらいですか。職員の平均年齢は何歳ですか。

A.18

2017年7月時点で、全役職員512名中110名が女性です。女性の比率は21.5%で、5年前は17.5%でした。年々女性比率が高まっています。
職員の平均年齢は45.3歳です。どの年代もそれぞれの役割を発揮しながら活躍しています。

Q.19 パート職員の比率はどのくらいですか。
Q.19 パート職員の比率はどのくらいですか。

A.19

グループ全体でのパート職員は約5,000名です。正規職員とパート職員の比率は9:1です。多くのパート職員が食堂部門で働いていますので、食堂部門はパート比率がより高くなっています。

Q.20 過去3年間の離職率はどのくらいですか。
Q.20 過去3年間の離職率はどのくらいですか。

A.20

2015年度から2017年度に入職した職員の、2017年11月現在までの離職率は2.3%(44名中1名)でした。厚生労働省統計による大学卒者離職率(2014年度から2016年度)は21.8%です。育成プログラムを充実させたことで、離職者が減少しています。

Q.21 お休みはどうなっていますか。
Q.21 お休みはどうなっていますか。

A.21

休日は年間110日です。学事に合わせて営業しますので、完全週休2日制ではありません。休日の取得の仕方は、勤務先と月により異なります。個人別に年間カレンダーを作成し、計画的に休日を取得しています。

Q.22 勤務時間はどうなっていますか。
Q.22 勤務時間はどうなっていますか。

A.22

繁忙期と閑散期がはっきりしているため、1年単位の変形労働時間制をとっています。週平均実労働時間は40時間以下です。勤務先と月によって異なりますが、例えば、1日当たり実働6〜8時間程度のシフト制等です。
年間所定労働時間は1800〜1850時間です。年間所定労働時間は一般企業(2000時間前後)に比べて短くなっています。
時間外労働時間は、2016年度月平均で13.5時間でした。月次の時間数は繁忙期、閑散期によって上下します。なお店長も残業代の支給対象となっています。

Q.23 育児休業の取得率はどのくらいですか。
Q.23 育児休業の取得率はどのくらいですか。

A.23

国の定めた育児休業法のとおり実施しています。取得を希望すれば100%保証し、休業明けの職場復帰も保証しています。2016年度は対象者が2名で、2名とも育児休業を希望して取得しています。またそのほかに男性が1名取得しています。

採用・応募について

Q.24 採用者の男女比はどうなっていますか。
Q.24 採用者の男女比はどうなっていますか。

A.24

2017年採用19名のうち女性は10名、男性は9名でした。男女の枠を設けずに人物本位で選考していますので、年によって男女比は異なります。

Q.25 勤務地の希望は出せますか。
Q.25 勤務地の希望は出せますか。

A.25

ご都合があって勤務地に制約がある場合は、面接時に申し出てください。1都3県(東京・千葉・埼玉・神奈川)以外の採用もあるため、考慮はしますがご希望に添えない場合もあります。広域のグループ(関東甲信越)ですので、1都3県以外でも勤務できる方を歓迎いたします。

Q.26 食堂職員育成プログラム(前期)を経験した後の進路はどうなりますか。本人希望はかないますか。
Q.26 食堂職員育成プログラム(前期)を経験した後の進路はどうなりますか。本人希望はかないますか。

A.26

食堂での勤務を継続し、残り1.5年間の後期プログラムを受ける方と、販売系店舗などの経験をする方に分かれます。進路は上司との面談をふまえ、各大学生協専務理事の間で集団的に検討されます。
本人希望は参考にしますが、ジョブローテーションの都合でかなえられない場合もあります。なお2016年度入職者の進路は、食堂継続7名、販売系異動8名でした。
全員が、入職してからの6年間で、最初の食堂経験に加え、販売系業務などの幅広い業務を経験することになります。

Q.27 女性の登用について教えてください。
Q.27 女性の登用について教えてください。

A.27

性別の区別なく、教育・研修・登用を実施しています。
全役職員512名のうち女性役職員は110名で、女性比率は21.5%です。20〜30歳代の女性比率が高まっています。
役員(常務・専務理事)の女性比率は7.3%、管理職は7.2%です。20〜30歳代から女性比率が高まっているため、今後は女性比率が上がっていくと考えています。

採用情報HOMEへ戻る

ページの先頭へ